不動産相続 | 相続・相続税のご相談なら相続ハウス

Real estate inheritance

不動産(土地や建物)の相続について

自宅はひとつしかないけれど、兄弟は3人居て、どうやって分けるのか良い案が思いつかない。
相続が発生したときに揉めない様に、自宅を売ってしまいたい。
親が元気なうちに、二世帯住宅を建てて、同居したい。
生前に不動産の名義を自分のものにしたいけれど、相続まで待たないと税金がたくさん発生してしまうの?
賃貸マンションがあるけれど、古くて相続が発生する前に建替えたい。
相続のタイミングで賃貸マンションを止めたいけれど、どうやって入居者に説明したら良いの。
投資不動産を購入しようか迷っている。
共有名義になっている不動産の、共有を解除したいのだけど、どうすればいいの?
不動産って、登記しないとどうなるの?
等、不動産に関するご相談は、とっても多いです。
「不動産」と「税金」と「相続」は特に複雑に絡み合っていますが、不動産に詳しい人が、相続や税金に詳しい人であるケースは、稀な様です。

相続ハウスでは、相続に特化しているからこそ、相続発生前後で困る様々な不動産のご相談を受けています。たくさんのケースを見ているからこそできる、それぞれのご家族にあったそれぞれの不動産対策をご提案することができます。

相続ハウスが土地や建物などの不動産の相続に強いのは次のような理由があります。
土地の相続、建物の相続、不動産の相続全般は相続ハウスにお任せ下さい。

(1)土地の評価のノウハウが豊富

土地の評価は相続税の計算において非常に重要な項目の1つです。
税務上定められた土地の評価方法によって、土地を評価することになりますが、土地を評価するに際しては様々な加算項目・減算項目があります。
例えば、騒音の激しい土地などでその騒音が路線価に反映されていないようなケースでは、その騒音による価値の減額をすることができます。
また、高架線が上空にかかっているような場合も同様に減額できます。
これらの土地の減額要素は税理士が申告する際に見落とされてしまうことも少なくありません。
相続ハウスでは64のチェック項目を必ずチェックし、土地の評価を正確に実施するノウハウがあります。

(2)グループに不動産の専門家がいる

相続ハウスはグループに不動産の専門会社を持っています。

  • ・相続対策のために不動産の売買をしたい
  • ・相続で取得した土地や建物を売却したい
  • ・遺産分割にあたり、土地や建物がうまく分けられないので売却した手取りを全員で分けたい

といったご要望にもスピーディーにお応えできます。

(3)司法書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士などの専門家と連携

相続ハウスは税理士法人が運営していますが、司法書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・宅地建物取引士・弁護士といった専門家と密に連携をとることができます。
土地に関するお悩みをワンストップで解決できる環境が整っております。

 

不動産(土地や建物)の相続の注意点

土地や建物の相続は次のような注意点があります。

  • ・不動産によって相続税が多額に発生する場合、相続税を支払うための現預金を用意できない可能性がある
  • ・不動産の数や価値に差異がある場合、相続人間で平等に分けられない可能性がある
  • ・不動産を共有によって平等に分ける場合、共有不動産の活用方針の意見が分かれてしまう可能性がある

不動産がある相続の場合には、これらの注意点を踏まえて事前の対策なども重要になります。

  • ・不動産の名義書換って何があればできるの?
  • ・投資不動産を購入したい
  • ・古い投資物件、現状維持?売るべき?建替えるべき?
  • ・自宅の不動産、今生前贈与する?相続まで待つ?
  • ・この土地、いくらで売れる?
  • ・納税に備えて、土地・マンションを売りたい。
  • ・共有名義不動産をどうにかしたい。
  • ・不動産を共有名義にするのはなぜいけないの?


PAGETOP